メインイメージ

廃車の手数料

廃車にかかる手数料について

海外旅行や長期入院などで長期間にわたって自動車を使用しないときには、一時抹消登録をしておくことをおすすめします。廃車にしておけば無駄な自動車税などを払う必要が無くなるので、経済的にお得になります。けれど、自動車を廃車にするときには手数料がかかるので注意が必要です。車を廃車するときに必要となる手数料には、様々なものがあります。それぞれについて説明していきます。車の廃車を考えている方はぜひ参考にしてください。

まず、各種必要種類の取得手数料があります。廃車を行うときには、所有者の印鑑証明書、また転居などをした場合には住民票などの書類が必要となります。その書類を取得するときにはお金ががかかりますが、どれもそんなに高いものではありません。

車検のときや車を購入したときにリサイクル料金を支払っていない場合には、リサイクル料金を支払わなければいけません。一般的には、およそ1万円~2万円かかります。車体の重量や排気量などによって料金は変わるので、事前に確認しておくことが大切です。

また、「煩わしい手続きを行うのは嫌だ、めんどくさい。」という方のために、手続きを代行して行ってくれる業者が数多くあります。そんな業者に依頼して廃車の手続きを行ってもらう場合には、その業者にも手数料を支払わなければいけません。その業者にもよりますが、およそ1万円~2万円かかるのが一般的です。少しでも安く済ませたいのならば、自分で手続きをすることをおすすめします。廃車の手続きはそんなに難しいものではありません。流れさえしっかりと理解していれば、誰にでもできる手続きなのでぜひ自分でやってみてはいかがでしょうか。

業者に依頼して手続きを行うか、自分で行うかによっておよそ1万円~2万円ほど異なってきますが、総額としておよそ2万円~3万円ほどが必要となります。廃車を考えている方は、事前にいくらほどの料金がかかるのかをしっかりと調べておくと安心です。

Copyright© 2014 廃車にまつわる金額とトラブル All Rights Reserved.